ちがさき丸ごと博物館

西方遺跡

名称 西方遺跡 別名 (西方A遺跡)
所在地 下寺尾
概要 下寺尾の県立茅ヶ崎北陵高校の西側に西方貝塚があります。約6000年前の縄文時代前期の貝塚で、現在のところ市内で最も古く、縄文前期のはものはここだけです。昭和38年(1963)に調査された貝層は、破棄された竪穴住居のなかに堆積されたものでした。調査では、貝類のほかに、粗い縄文を施した黒浜式という縄文土器や石器が出土しています。黒浜式土器の深鉢は、復元されて文化資料館に展示されています。また同時期の、上の坊式土器という伊豆地方を中心とした尖底土器が一緒に出土したことから、東海地方との繋がりを知ることができました。
土器のほかには磨製石斧(せきふ)・磨石(すりいし)・石鏃(せきぞく)などの石器や漁に使用された土器片で作った重りなどが出土しました。貝類は、海水に淡水が混ざる汽水域に生息するヤマトシジミが90%以上を占めていました。ほかには海水性のダンベイキサゴ、バイ、サザエなどの巻貝と、チョウセンハマグリ、マガキ、イワガキ、ハイガイなどの二枚貝が出土しています。外洋性の貝が多い中で、その後の茅ヶ崎海岸では採れない内湾・暖地性のハイガイも含まれています。また、貝層からはカツオ、ブリ・マダイなどの魚骨や、シカやクジラなどの獣骨が出土しました。これらの魚骨などからは、外洋で漁をしていたことが分かりました。汽水域で採れるヤマトシジミが貝塚から多く出土したことから、岡本勇さん(立教大学助教授)は当時この近くにラグーン(潟)が存在したと想定しました。当時の海に直接注いでいた川の河口がふさがれてラグーンができ、ヤマトシジミがそのようま所に生息していたと考えられたのです。
縄文時代前期の気温は現在よりも高かったため、海水面も上昇していました。本市では、北部の台地・丘陵のふもとまで海がきていたと考えられます。この海水面上昇を縄文海進と呼んでいます。最近の調査で、西方貝塚の南の低地砂丘部から、西方貝塚と同じ黒浜式土器が出土しました。このことから、貝塚が形成されたころには海退が始まり、駒寄側下流周辺では砂丘が形成されていたと想定されます。また、西方貝塚では、縄文時代前期の住居跡が数軒確認されています。今のところ本市では、これが竪穴住居群による最も古いムラの跡です。縄文時代の人々が本格的な定住のムラを構えるようになったのは気候の温暖化とともに、自然環境が豊かさを増したこのころが始まりと考えられます。

1963年、1964年に、下寺尾の台地西端部の発掘調査で、縄文時代前期(約6000年前)の貝塚が標高約12メートルのところで発見されました。竪穴住居址1軒から発見された小規模な貝塚です。出土した貝は、淡水に海水が入りこんだ汽水域に生息するヤマトシジミが90パーセントを占めていました。当時は縄文海進が最も進んだ時代でした。出土貝類から西方貝塚周辺の低地は、海にそそぐ川の河口が砂州により外海から隔てられて、ラグーン(潟)を形成していたと推定されています。 貝層の下からは、平面が台形の竪穴住居址が確認され、そこからは土器や、石器、土器片錘、魚骨(マダイ、サバなど)や獣骨(シカ、クジラ)が出土しました。土器は黒浜式が中心で、なかには東海系の尖底土器である上ノ坊式もみられます。その後、貝塚の南東からは縄文時代前期の竪穴住居址が2軒、県立茅ヶ崎北陵高校のグランドからも縄文時代の竪穴住居址が確認されています。[]
イメージ