ちがさき丸ごと博物館

モノサシトンボ

名称 モノサシトンボ 別名
所在地
概要 モノサシトンボの特徴について説明しますと、大きさは雌雄共に4センチ半程で、イトトンボを一回り大きくしたようなトンボです。雄のおなかは黒色ですが、各節に白い班(はん)紋があり、物差しの目盛りのようになっています。"モノサシトンボ"とはいかにもうまい命名です。さて、県内における分布はかなり限定されていて、茅ヶ崎市のほかには城山町、川崎市北部、横浜市北・南部、鎌倉市、藤沢市に局所的に分布しているだけです。個体数はどこでも多くありませんが、茅ヶ崎の発生地だけは例外的に、かなりの数が見られます。成虫は、早いものでは五月末から羽化し始めますが、本格的な発生は六月に入ってからです。そして、梅雨のころに最盛期を迎えます。その後は次第に数が少なくなりますが、発生期間はかなり長く、九月末まで姿を見ることができます。ところで、トンボは雄と雌がつながったままで産卵する種類が多いことは皆さんもご存じでしょう。モノサシトンボも例外ではありませんが、他のトンボと異なり、産卵時に雄が雌の首を挟んだまま脚を縮めて直立するという独特な習性を持っています。実際にこの姿を目にすると、なんとも奇妙な感じがします。[]
イメージ