ちがさき丸ごと博物館

柳島閘門跡と記念碑

名称 柳島閘門跡と記念碑 別名
所在地 柳島2丁目
概要 現在柳島ポンプ場がある場所に、柳島閘門がありました。閘門はふだんは扉を開けて上流からの水を流し、増水時は自動的に扉を閉ざして逆流するのを防ぐ役割を果たしていました。昔、柳島は低湿地のためいつも水害に悩まされていたので、水害から生活を守るために昭和2年(1927)湘東耕地整理組合が堤防を築くとともに、閘門が設けられました。閘門は、昭和50年に近代設備のポンプ場が完成して廃止されましたが、有志の手によってポンプ場の道路沿いに記念碑が建てられました。
[ちがさき丸ごと博物館ガイドブック(文化財編)  ぶらり散歩 郷土再発見  (根) ]
イメージ