ちがさき丸ごと博物館

ヤブカラシ(ブドウ科)

名称 ヤブカラシ(ブドウ科) 別名
所在地 市内の北部丘陵地
概要 ヤブカラシは、市内の北部丘陵地はもとより、空き地や家の庭など至る所で花を付けます。新芽は赤褐色で、4月〜5月ころ地面を突いてにょきにょき出てきます。5枚の小葉が集まった鳥足状の複葉を持つ、つる性の多年草です。葉の反対側から長い巻ひげを伸ばしてからみつき、瞬く間に垣根や林縁などを覆ってしまいます。やぶを枯らすほど繁ることから「藪(やぶ)枯(か)らし」の名が付きました。地下茎は丈夫で柔らかく、縦横に伸びます。また、地下茎のわずかな切れ端からも芽を出すほどのたくましさで、いったん畑に侵入すると厄介な雑草です。花は6月半ばから夏の終わりまで咲きます。長い柄の先に傘を広げたように、黄緑色の小花をたくさん付けます。4枚の小さな花びらは朝開くと、雄しべとともに早々と落ちてしまい、後に残った雄しべのもとにはオレンジ色の花盤がみつを乗せて光っています。このみつを求めて来るハチの仲間やアゲハチョウ、マメコガネムシなどたくさんの虫でにぎわいます。「果実は約5ミリ、球形で果熟する」と図鑑にはありますが、秋に時々見かける果実に似たものは大きさもいろいろで、虫こぶ(※)がほとんどです。「県内では結実する個体をみない」と『神奈川県植物誌2001』にもありますが、横浜市の栄区や金沢区で結実例の報告がありました。栄区の自然観察の森では、生け垣を覆ったヤブカラシが大量に実を結んだそうです。※昆虫の寄生によってできるこぶ
[]
イメージ