ちがさき丸ごと博物館

ユキノシタ(ユキノシタ科)

名称 ユキノシタ(ユキノシタ科) 別名
所在地
概要 ユキノシタは、葉の表面に白い葉脈が目立つ多年草で、初夏(5〜6月)のころ、花の妖精が舞い降りたような美しい多数の小花を付けます。赤褐色の花茎は20〜50センチで、葉と同様に細かい毛で覆われています。花は花びらが5枚ありますが、大きくて白い2枚の花びらが目立ちます。他の3枚の小さな花びらは薄いピンクで赤紫の斑点があります。黄色のみつ腺もとても小さなものですが、昆虫の目にはみつの場所がはっきりと分かるようです。ユキノシタは、1年中緑の葉を付けて、その根元から走出枝(そうしゅっし)という紅紫色の長い枝をはうように伸ばし、湿った場所日陰などで新しい株を増やして繁殖します。ユキノシタは本州から九州まで分布しています。
 
[]
イメージ