ちがさき丸ごと博物館

明治の住

名称 明治の住 別名
所在地
概要 当時の家の屋根の材料は、カヤや小麦殻を使っていましたが、関東大震災の時、トタン屋根の家や蔵は倒れませんでした。そのため、震災以降は軽くて丈夫なトタンがよく使われました。震災を体験した人は、昭和四十年代に建った家は瓦ぶきが多いのを見て、大地震が起きたときに屋根瓦が落ちてけがをするのを心配しました。その後、大地震などの災害に備えた建築方法によって、家が建てられるようになりました。[百科事典用テキストデーター   (根) ]
イメージ