ちがさき丸ごと博物館

市立病院

名称 市立病院 別名
所在地 本村5-15-1
概要 「地域の基幹病院」として医学・医術の進歩、市民の医療ニーズに対応した質の高い医療の提供をめざし、市民の健康を守り、市民サービスに徹し、信頼される、患者にやさしい病院づくりを心がけています。一般病床数401床、7対1看護等の基準によって行っております。茅ヶ崎市立病院は、297床(一般病床291床・伝染病床6床)として運営されてきましたが、平成10年より現在地にI・II期に分けて401床の新病院の建設が開始されました。
平成12年10月にI期工事が終わり239床の新病院に移転、その後平成15年3月31日に全工事が終わり医療法上401床の病院となりました。平成15年4月1日より平成16年3月31日までは351床の病院として運用しましたが、平成16年4月1日より401床の病院として運営しております。
鉄骨鉄筋コンクリート造地下1階、地上7階、塔屋
敷地面積17,706.70平方メートル 建築面積5,161.43平方メートル
延床面積27,443.84平方メートル   (根)
 
[茅ヶ崎市立病院公式ホームページから  (根) ]
イメージ