ちがさき丸ごと博物館

農家の生活(養蚕の成長)

名称 農家の生活(養蚕の成長) 別名
所在地
概要 大正六年(1917)茅ヶ崎駅の近くに開業した製糸工場・純水館へも繭を出荷しました。純水館は最新式の機械を据え付けて、質の良い生糸を欧米に輸出しました。茅ヶ崎で生産する繭の半分近くを買い付け、養蚕もますます盛んになりました。当時、養蚕は農家の一番確実な現金収入でした。この辺りでは蚕のことをオコサマと、様をつけて呼ぶほど大切にしていました。茅ヶ崎の養蚕は、繭の値段が下落し、戦争が始まった昭和初期に衰退していきましたが、養蚕で培った組合の良さが、戦後の農家の経営にも生きました。[百科事典用テキストデーター   (根) ]
イメージ