ちがさき丸ごと博物館

漁業の生活(安全と祈り)

名称 漁業の生活(安全と祈り) 別名
所在地
概要 漁業に携わる人々にとって、安全と豊漁が何よりの願いです。願いは祈りとなります。船に祭る神様を「船霊様」といいます。船が新しく造られて浜に来たとき、「船まわし」という式を行います。式の後半、へさきに花嫁衣装の着物を掛け、帯を締め、口紅で化粧し、船霊様にはさいころとお金、そして網元の妻の髪の毛を入れて祭ります。正月の一月十五日には、小和田の網元が集まって、地元の熊野神社でお払いを受けます。熊野神社には、姥島神社や漁の神様の八大龍王も祭ってあります。また道了尊や大山にお参りをし、安全と豊漁を祈願しました。[百科事典用テキストデーター   (根) ]
イメージ