ちがさき丸ごと博物館

3月の節句

名称 3月の節句 別名
所在地
概要 3月3日は桃の節句、ひな祭りなどと呼ばれ、女の子の節句とされています。内裏さまを中心とするひな人形を美しく飾り、桃の花や白酒、ひしもちなどを供えます。女の子は晴れ着を着て、ひな人形の前で遊びました。人形には、人の身代わりの意味があり、嫁入りの道中での災いを人形に代わってもらおうと、嫁入り道具の中に自分の人形を入れてくる人もいました。女の子が生まれれば初節句には実家から、内裏さまが贈られました。親戚や組(※1)内で人形を贈ることもありました。お返しは、家に招いてうたげを開いたり、赤白のひしもちを三、四枚重ねて配ったりしました。ひな人形を飾るのは2月半ばで、3月3日を過ぎると片付けるのは早い方がよいといわれていました。赤羽根では「オハナミ」といって、ひな祭りが済むと子どもたちは古い人形を持って高台に行き、江ノ島の方にひな人形を掲げた後、そこで弁当を食べたと伝えられています。※1…近隣同士の相互扶助のための集まり
古くなった人形は川に流したりオタキアゲにしたりした。道祖神に出す人もある。流し雛の風習はない。[茅ヶ崎市史③ 民俗編 第六章 年中行事より (根) ]
イメージ