ちがさき丸ごと博物館

四図A遺跡

名称 四図A遺跡 別名
所在地 赤羽根(四図)1394他
概要 [種別]集落跡
[立地]砂丘上
[範囲]東西遺250m×南北100m
[分布状況]やや密
[現況]畑地、宅地、一部道路
[備考]記録保存
[遺構]竪穴住居址(弥生)、溝、土坑、道路状遺構、井戸、畝状遺構
[遺物]弥生土器、土師器(古)、須恵器(新)、常滑、桶底、礫、砥石
[保管場所・責任者]茅ヶ崎市文化財収蔵庫 茅ヶ崎市教育委員会教育長
[時代]弥生時代(後期)、古墳時代、奈良時代、平安時代、中世、近世、近代

 地形は砂丘地形にあたる。市域では10列の砂丘列が確認されているが、最奥部から数えて3列目砂丘列上に立地する。
弥生時代後期の集落域であり、また古代の遺物散布地である。出土遺物は、埋設管の埋土から近世の時期が出土した。本調査地点の現況は、全区間とも舗装され県道として使用されていた。
[[文献]1983年(昭和58)昭和57年度茅ヶ崎の社会教育(1次) 1985年(昭和60)新湘南国道埋蔵文化財調査報告(1次) 1999年(平成11)平成10年度茅ヶ崎の社会教育(下水) 2002年(平成14)平成13年度社会教育(下水) 2013.12.1第24会茅ヶ崎市遺跡調査報告  (根) ]
イメージ