ちがさき丸ごと博物館

前田A遺跡

名称 前田A遺跡 別名
所在地 菱沼(前田)370付近 小和田(前田)1069付近 松林二丁目14、15 菱沼二丁目2〜5
概要 [種別]集落址
[立地]砂丘上
[範囲]東西400m×南北200m
[分布状況]密
[現況]畑地 宅地
[備考]
[遺構]竪穴住居址、竪穴状遺構、掘立柱建物址、井戸、溝状遺構、土坑、落込み、ピット
[遺物]土師器(古・新)、須恵器(新)、陶器、磁器、灰釉陶器、かわらけ
[保管場所・責任者]茅ヶ崎市文化財収蔵庫 茅ヶ崎市教育委員会教育長
[時代]古墳時代、奈良時代、平安時代、中世、近世

相模川下流の左岸、茅ヶ崎市の東部に位置し、相模湾より北へ2.7km、相模川の東方5.2kmに所在する、菱沼地区にあたる。本遺跡は南部の砂丘地帯に立地する。
菱沼地区の砂丘地帯における古代の土地利用の一端が窺われる結果が得られている。
[[文献]1996年(平成8)平成7年度茅ヶ崎の社会教育(1次) 1997年(平成9)平成8年度茅ヶ崎の社会教育(下水) 1999年(平成11)平成10年度茅ヶ崎の社会教育(下水) 茅ヶ崎市埋蔵文化財調査報告書26  (根) ]
イメージ