ちがさき丸ごと博物館

吹切遺跡

名称 吹切遺跡 別名
所在地 小和田(吹切)223、225〜229、231 小和田三丁目1〜4番地
概要 [種別]遺物散布地
[立地]砂丘上
[範囲]東西250m×南北150m
[分布状況]粗
[現況]畑地 宅地
[備考]
[遺構]竪穴住居址、道路状遺構、溝状遺構、井戸状遺構、土坑、ピット
[遺物]土師器(古、真間、新) 須恵器(新) 土錘(細型管状土錘) 灰釉陶器 緑釉陶器
[保管場所・責任者]茅ヶ崎市文化財収蔵庫 茅ヶ崎市教育委員会教育長
[時代]古墳時代 歴史時代 奈良時代 平安時代

本遺跡は、市域の南東部に位置し、砂丘列上に立地する。この砂丘列は、国道一号線にはぼ沿う形で東西に伸びている。
[[文献]2001年(平成13)第12回発表要旨(1次) 2000年(平成12)第11回発表要旨(下水) 2001年(平成13)平成12年度社会教育(下水) 第12回茅ヶ崎市遺跡調査発表会資料   (根) ]
イメージ