ちがさき丸ごと博物館

漁業(地びき網など)

名称 漁業(地びき網など) 別名
所在地 市内海岸線
概要 茅ヶ崎の地引き網の漁場は、海岸を東から小和田・菱沼、本村、十間坂、南湖、柳島の五地区に分けられていて、網元だけが浜に地引き網を入れることができます。小和田地区には、昭和二十年代七軒の網元がありました。浜では、一度に張れる網は三張りなので、その日に四軒以上の網元が地引き網を引く場合、早く船を出した初めの三軒が網を入れることができます。

近世以来の漁法として地曳網・ゴロ曳網・手操網・コマセ曳の曳網類、棒受網等があげられるが、明治に入り漁法に変化が生じ始めて来る。巻網が柳島に導入され、大正期には巾着網が導入され、ブリ・雑魚の大謀網が設置された。昭和になれば大謀網が落網式になり、新たに小型定置網のチョコ網が設置された。また柳島には巾着形式のロクダ網が導入される。現在はチョコ網と地曳網と機械化した小型巾着網、観光釣漁が主流を占めている。
[茅ケ崎市史③ 民俗編 第一章生業の民俗  (根)]
イメージ