ちがさき丸ごと博物館

ハマヒルガオ

名称 ハマヒルガオ 別名
所在地 海岸全域で見られる/茅ヶ崎海岸
概要 ハマヒルガオはハマヒルガオ科の一種で、海岸の砂地に生えるつる性の多年草です。花期は5~6月で、初夏の浜を彩ります。
 ほぼ全国的に分布していますが、ヒルガオ科に共通した特徴として寒さに弱いため、北海道の根室、釧路あたりにはほとんど見られないそうです。湘南では、藤沢、平塚、大磯の海岸に多く、茅ヶ崎、二宮の海岸にも普通に見られましたが、以前ほどの量ではなくなりました。なお、最近の県植物誌調査では、藤沢、茅ヶ崎の内陸部や寒川でも、ごく少数ですが記録されています。海岸植物は、強い日差し、乾燥、塩分を含んだ激しい風、波しぶきを直接受けるなど、過酷の条件の元に生きなければなりません。ハマヒルガオも海辺の環境に適応した仕組みを備えています。葉はくぼみのある円形で、照りがあります。葉の表面にはクチクラという透明な層がよく発達し、水分の無駄な蒸散を防いだり、塩分のしぶきから身を守ったりしています。また、地下茎は砂中深く伸び、水分を求めて地下で分枝を繰り返します。地上に出た枝も、つるになって砂の上をはいます。地下茎は、地上部がすっかり枯れた冬の間に伸びるそうです。はまひるがおは、初夏の茅ヶ崎海岸を彩る。見事な群生は湘南随一である。 

[百科事典テキストデーターコピー ]
イメージ