ちがさき丸ごと博物館

なぎさギャラリー

名称 なぎさギャラリー 別名
所在地 汐見台1-7
概要 豊な緑と砂浜の続く海岸線、そして温暖な気候・・・。湘南海岸は、明治時代以来、保養地、観光地、また海水浴場として、県民をはじめ首都圏の人々に親しまれてきました。また、この豊かな環境が湘南の文化と生活を慈しみ育ててきたのです。しかし、都市化の進展に伴い、緑の減少、交通渋滞、海岸侵食が進む一方で、居住環境の変化とともに海との関わりが多様化してきました。今、直面している様々な問題を解決し、新しい時代に向けて地域環境を創造していくために、私たちがすべきことは何か・・・。それを考えていただく場としてなぎさギャラリーをオープンしました。湘南を愛し、理解しようとしるすべての人々に開かれています。
 湘南の自然・歴史・文化を知り、神奈川県が平塚・藤沢・茅ヶ崎市及び大磯町との協同で推進している「湘南なぎさプラン」を広く紹介するために作られたギャラリ-です。
 館内では大画面シアター・湘南なぎさQ&Aやパネル展示などで、湘南の海岸線を舞台に取り組まれている事業が詳しく紹介されています。また、かつて別荘地であった茅ヶ崎の代表的な別荘「松籟荘」が復元され、室内に湘南ゆかりの書籍や茅ヶ崎ゆかりの洋画家「萬鉄五郎」の複製画などが展示されています。 (根)[茅ケ崎市公式ホームページから  (根)]
イメージ