ちがさき丸ごと博物館

大久保横穴群

名称 大久保横穴群 別名
所在地 芹沢(大久保)2788
概要 [種別]横穴墓
[立地]北東に突き出す舌状台地の南南西斜面
[範囲]60m×12m
[分布状況]3基以上
[現況]山林
[備考]
[遺構]
[遺物]人骨、床礫
[保管場所・責任者]茅ヶ崎市文化財収蔵庫 茅ヶ崎市教育委員会教育長
[時代]古墳時代
縄文時代中期の大規模な集落の存在が確認された、大久保C遺跡で埋甕(うめかめ)をもつ多くの竪穴住居跡や墓と考えられる穴などが発見されました。南側の斜面では三基の横穴墓が発見され、大久保横穴群と名付けられました。
[ぶらり散歩郷土再発見 ]
イメージ