ちがさき丸ごと博物館

住吉神社

名称 住吉神社 別名
所在地 茅ヶ崎市南湖5-5-1
概要 [祭神名]底筒男命/中筒男命/表筒男命
[旧村名]茅ヶ崎村
[氏子の範囲]南湖下町
[祭礼]3月3日
 年間祭事
1月1日元旦祭 7月浜降祭
1月  済度  11月七五三詣
   (道祖神祭)
3月3日例大祭 12月31日除夜祭
   毎月1日15日月次祭
[その他]明治中期ごろ、漁業の安全を祈るため、大阪の住吉大神を勧請、今の社は関東大震災後、昭和3年に再建されたもの。
言伝えによれば、其の昔村人は疫病や災難から子供を守るため、鬼子母神を祀り無病息災、家内安全を祈念していた。
明治初年に、当時信徒総代石黒政五郎氏等が、大阪市住吉区の官幣大社、住吉大社から分霊を奉載して齋祀した。
また、当時は漁業地たる旧茅ヶ崎村西南湖下の鎮守として往事の崇敬も厚かったと伝えられていた。


[私の神社訪問記web ]
イメージ