ちがさき丸ごと博物館

八幡神社(柳島)

名称 八幡神社(柳島) 別名
所在地 茅ヶ崎市柳島2-3-10
概要 [祭神名]誉田別命
[旧村名]柳島村
[氏子の範囲]柳島
[祭礼]9月14日
[その他]『風土記稿』には鎮守十羅刹女社とある。鬼子母神を祀ったものともいう。神体は石神。女神といわれていたが、かつて女神ではいけないということになり、石像の後髪を切り、八幡様にしたといわれている。/祭りの幟には「八幡大神」・「鬼子母神」の二つがある。13日が宵宮で、シメ太鼓があり、若い衆が一晩中叩いた。神輿があり、これを天王さまとよんだ。円蔵の鯛さんを頼んで神楽をしたり、芝居もした。/7月15日の浜降りには神輿をかついで鳥井戸まで出迎えた/浜降りの翌日、16日にはオワタリといい、神輿が一日中村内を回った。神輿の責任者をチョウガシラ(町頭)といっている。/柳島の枝村である河岸では厳島神社(弁天さんという)を祀っている。4月5日が祭りで神楽・芝居があった。この神社は漁師の神さんともいわれている[]
イメージ