ちがさき丸ごと博物館

鶴嶺参道歴史広場

名称 鶴嶺参道歴史広場 別名
所在地 浜之郷字石原731番1
概要 茅ケ崎市浜之郷の鶴嶺八幡宮の参道沿いに、「鶴嶺参道歴史ひろば」が完成(平成26年4月:2014)した。市の文化財に指定されている参道と松並木を守りつつ、道路機能を充実させようと市が2005年度から始めた整備の一環で、9年がかりで完了。ひろば内には説明板が設置され、参道の移り変わりや歴史を知ることができる。
ひろばは約275平方メートルで、参道の中間付近に整備された。奥に説明板2枚を設置し、江戸や明治時代の参道の様子や、松が植えられた経緯といった歴史を紹介。コンクリートのタイルで園路を作り、芝を植えるなど、憩いの場にもなっている。
参道及び松並木は本市の史跡及び天然記念物に指定されており、本市の歴史を物語る貴重な文化財です。
同ひろばには、説明板を設置し文化財の内容について広く公開普及するとともに、地元の皆様に愛される「ひろば」となっていくことを目指してます。[茅ケ崎市公式ホームページ  (根)]
イメージ