ちがさき丸ごと博物館

十浜人道橋

名称 十浜人道橋 別名
所在地 十間坂3-7・千ノ川
概要 湘南砂丘と高座丘陵に降った雨を水源とする千ノ川は昔から水量の少ない小川で、稲作農家は、長年水不足に悩まされていました。昭和五年、農家の人々は「千ノ川へ相模川の水を導入して水不足を解決する事を話し合い、この場所に堰が設けられました。昭和初めに造られた、この堰は、がっちりしたコンクリート製で、約80cmほどの幅を持っていましたので橋の役目も果たしていましたが、その後の護岸工事に伴い、十間坂と浜之郷をつなぐ「とはま人道橋」として現在に残されました。[十浜人道橋取水堰案内板より   (根)]
イメージ