ちがさき丸ごと博物館

山田耕筰の歌碑板

名称 山田耕筰の歌碑板 別名
所在地
概要 1886(明治19)年6月9日、東京都本郷久森川町(現・文京区本郷6丁目付近)に生まれた。1920年日本作曲家協会を設立し、1924年日本交響楽協会(現・NHK交響楽団)を設立し、1927(昭和元)年茅ヶ崎(南湖や東海岸北)に居を構え、集中的に童謡の名曲を生み出した。代表作の一つである童謡「赤とんぼ」(作詞三木露風)は、茅ヶ崎時代の1927(昭和2)年に、山田が東京へと通う列車の中で構想を練って出来上がった曲である。なお、「赤とんぼ」は、2007(平成19)年に、日本の歌百選に選ばれている。
茅ヶ崎市内には、山田耕筰が赤とんぼを作曲した事を記念して、碑(2か所)・ベンチ(文教大学隣接の森)、「赤とんぼ作曲の地」プレート(南湖)がある。[茅ケ崎を彩った70人(ゆかりの人物でたどる歴史風土) 茅ヶ崎市発行]
イメージ