ちがさき丸ごと博物館

六道の辻

名称 六道の辻 別名
所在地 南湖
概要 昔は、中町の八雲神社裏を通って東に延びる鉄砲道と、南湖の船着場から北に向かい上町区域に入り、十間坂の第六天神社の東側を通って高田村に行く道とが交差する十字路だった。明治31年に茅ヶ崎駅が開設されると、翌32年に南湖院が開設した。駅北口から大踏切を経て、先の四つ角に出て、寺山(伴田の山)、下町住吉神社を経て病院までの道ができ、現在のように三本の道が交差するようになった。南湖院までの道をクリスマス道路とも呼んだ。また南湖院までの道ができて六道の辻というようになったのは、茶屋町に駐在所が在った頃で、ここの巡査が警戒に当たるのに一番よい場所なので、六道の辻に行くのだと言ったことからこの名がつけられたと言い伝えられている。[資料館叢書11 「南湖郷土誌」 山口金次調査録    (根)]
イメージ