ちがさき丸ごと博物館

斎藤昌三

名称 斎藤昌三 別名
所在地
概要 書物研究家・書誌学者で知られる斉藤昌三は、明治20年(1887)、現在の座間市入谷で生まれました。茅ヶ崎には大正13年に居を構えました。昭和6年、柳田泉らと「書物展望」を創刊。同年、国文学者の吉田精一に高く評価された「現在日本文学大年表」を編著し、この本の印税で東海岸南に新居を建てました。大正11年,日本で初めての蔵書票の会を設立し、日本の書票界の基礎を築きました。昭和13年、「明朗の茅ヶ崎」を発刊し、町内六千世帯に無料配布しました。以来、17年に用紙不足によって廃刊になるまで、文化と明るいまちづくりに貢献しました。昭和34年,茅ヶ崎市立図書館の名誉館長になった昌三は、本の寄贈運動を始めました。短期間に図書館の蔵書を増やし、新しい図書館運営で市民の為に貢献しました。また、趣味人としていろいろなものを収集しました。市内中海岸の「国木田独歩追悼の碑」、文化資料館門柱となっている西行法師歌碑、一里塚碑などに筆を揮っています。また郷土史にも知識が深く、”義人 佐々木卯之助”の評価を求めたのも、昌三でした。昭和36年、東海岸南の自宅で亡くなりました。
[茅ヶ崎ゆかりの人物誌   郷土史学習グループ 一樹会   (根)]
イメージ