ちがさき丸ごと博物館

カギサン醤油

名称 カギサン醤油 別名
所在地 新栄町
概要 カギサンは1869年(明治2)創業で、伊藤留冶氏が四代目の社長に就任した1955年は、醤油も統制が撤廃され、自由競争に入ろうとする時期であった。醤油は、戦時期より米、味噌と並んで生活必需品として統制品目に指定され、戦後は51年に統制が撤廃された。統制が撤廃され自由販売となると、カギサンも醤油の売上確保のために小売店への売り込みに努めたが、そのころスーパー方式販売の移行じきでもあり、醤油は特売品の目玉となった。特にキッコーマン、ヤマサ、ヒゲタなどの大手メーカーの進出でカギサンの小売店への販売には苦しんだ。その為、カギサンは業務用の販路に力を入れ、佃煮屋などの加工食品業者や、大学の食堂などにも売り込みを図ったという。工場は戦前からのもので、関東大震災による壊滅後、順次建て増しされて1930年頃には事務所からの通路に沿って左右に振り分けられた工場の形が出来ていたという。
60年には麹製造を機械化したが、折しもダイクマが出店して茅ヶ崎駅前の人の流れが変わりつつあった時期でもあり、カギサンも倉庫スペースを利用して家具店を開くなど多角化を進めた。茅ヶ崎駅北口で長年醤油醸造業を営んできたカギサン醤油は、1970年代前半、大資本との競争の限界から経営転換を決断し、工場跡地に商業ビルを建設してそのメインテナントにイト―ヨーカドーの誘致を図ることになった。75年末、「イトーヨーカドー」の出店計画が明らかにされると、その出店をめぐって市内各方面を巻き込んだ大きな紛糾が発生した。77年末頃ようやく事態が収拾され、ヨーカドーの建設が開始された。これにともない、茅ヶ崎駅前の名物といわれた「カギサン醤油」の大煙突は姿を消すことになる。
[茅ヶ崎市史現代① 通史・60年の軌跡(1945-2005)  (根)]
イメージ