ちがさき丸ごと博物館

大黒館

名称 大黒館 別名 国際劇場
所在地 幸町
概要 映画は封切館以下、二番館・三番館という「番線」の順番に従って上映されるが、1951年当時、茅ヶ崎の番線は全国でも最後の方にあったため、新しい作品を見るためには平塚や鎌倉に行かなければならなかった。茅ヶ崎には大黒館(のちに国際劇場と改称)と茅ヶ崎新生劇場があり、長らくこの二館が茅ケ崎の映画興行を支えてきたが、前者は1960年代後半、後者は1980年代末に閉館した。
桑田佳祐の父・久司は茅ヶ崎駅南口にあった映画館・大黒館の支配人であった。
大正12年(1923)7月に茅ヶ崎駅南口駅舎が開設されると、駅の南側周辺にも新しい道ができました。みなみマートの辺りには、昭和2年(1927)に大黒館という映画館が開業し、昭和40年代初頭まで営業していたことから、この映画館の前の通りは「大黒館通り」と呼ばれました。
[茅ヶ崎市史ブックレット⑦ 銀幕のなかの茅ヶ崎  (根) 文化資料館ブックレット1  あのみち このみち 歴史みち  (根)  ]
イメージ