ちがさき丸ごと博物館

湘南ビール(湘南麦酒蔵)

名称 湘南ビール(湘南麦酒蔵) 別名
所在地 香川7-10-7
概要 湘南ビールを味わえるビアレストランの正確な名前は、MOKITI TRATTORIA (モキチ・トラットリア)で、茂吉(?)さんのイタリアンレストランという意味です。茅ケ崎に残る最後の蔵元、熊澤酒造(創業明治5年)が経営するビアレストラン。
大正時代に建てられた土蔵を改造した店内は、地下、1階、中二階、2階の4層構造。
なんと言っても、できたての湘南ビールが飲めるのが魅力。(湘南ビールは、ドイツの伝統的な製法を継承し厳選された麦芽とホップを使った 熱処理・濾過を一切行わない味わい深い地ビールで、世界最大のビールコンテストで2大会連続の銀賞受賞の実績がある。ラベルには、えぼし岩がデザインされている。)
地元の食材を使用した本格的な料理から、家庭料理まで、食い物系も合格点以上。うまい。日本酒も当然飲める。
隣接して、ベーカリーもある。また、02年6月から、同じ敷地内に蔵元創作料理店「天青」がオープン。酒蔵を改装した店内では、酒と米にこだわる本格的和食が楽しめる。
母体となる熊沢酒造は、元々湘南唯一の蔵本として日本酒を作っていたそうですが、最近は地ビールを作り敷地内でビアレストランも始めた、という事らしいです。
レストランはヨーロッパ風の落ち着いた感じですが、外から見ると蔵を改造したものだという事がわかります。ビールは工場から地下配管でサーブされます。
ビールはバラエティに富み、とても美味しい!さらに豊富なメニューは変わったものも多いですし、地元で採れた食材をふんだんに利用しています。明治5年創業 130年の歴史を持つ湘南唯一の酒蔵
明治5年、初代熊澤兵衛が茅ヶ崎の地に造り酒屋として酒造を造りましたそれが熊澤酒造のはじまりです。創業より130年、ひたむきに日本酒を造り続けてきた熊澤酒造も湘南に残された最後の蔵元となりました。
「蔵元」という伝統文化と「湘南」という自由で独特な雰囲気私達はこの一見相反する文化を融合し新たな世界を創りあげたいと思っています。  (根)
[湘南麦酒蔵ホームページ  (根) ]
イメージ