ちがさき丸ごと博物館

湘南タゲリ米

名称 湘南タゲリ米 別名
所在地 西久保・萩園地区/西久保
概要 「食べる自然保護」をキャッチフレーズにする「湘南タゲリ米」。神奈川県の茅ヶ崎市で活動する自然保護グループ「三翠会」(森上義孝代表)が、この米の新米限定で 購入予約を受け付けている。「湘南タゲリ米」は、同市の西久保地区で生産された米を、水田や環境の保全を目的に「三翠会」が農家から高く買い上げて販売している「ブランド米」だ。
現在は、米の集荷・受注発送事務・箱入れ集荷作業などを会員が無償で担当している。事業としてどう成り立たせるかが、今後の課題。JR茅ヶ崎駅から直線距離でわずか3kmほどの西久保地区に、まだ、田園風景が残されている。この水田地帯に11月、頭にピンと張った長い飾り羽根が特徴の、美しい「タゲリ」(体長約30cm)がシベリアから飛来する。「三翠会」が作ったチラシには「1袋(5kg)のお米で8畳の水田が守られます」と書かれている。   (根)
[]
イメージ