ちがさき丸ごと博物館

熊澤酒造

名称 熊澤酒造 別名
所在地 香川7
概要 熊澤酒造は1872年(明治5)創業の老舗であり、香川で清酒を醸造してきた。清酒の仕込みは冬の寒い時期に行われ、新潟県から来た六人の越後杜氏が、連日早朝五時起きで作業にかかり、米を蒸す白い蒸気が吹き上がった。熊澤酒造の代表銘柄「曙光」は茅ヶ崎の海から上がる朝日にちなんでおり、瓶のキャップには茅ヶ崎市名物の「二つ石」のデザインが施されていた。その後、90年代半ば頃には杜氏が越後杜氏から丹波杜氏に変わり、これを機にレッテルのデザインも大正ロマン調のものに変更された。
同時に96年から地ビールの醸造にも乗り出し、「湘南ビール」を誕生させた。ドイツ仕込みの本格派で98年の国際ビールコンテストでは湘南ビールの銘柄のうち「湘南リーベ」が銀賞、「ヴァイツェン・ポック」が銅賞を受賞した。
[茅ヶ崎市史現代① 通史・60年の軌跡(1945-2005)  (根) ]
イメージ