ちがさき丸ごと博物館

エメロード茅ヶ崎

名称 エメロード茅ヶ崎 別名 停車場道 停車場通り 銀座通り
所在地 新栄町〜十間坂1丁目
概要 歴史ある商店街
茅ヶ崎駅が三十一年(一八九八)に開設されると、東海道(国道1号)と駅を結ぶ道が開通し、これを「停車場道」(現在のエメロード茅ヶ崎)と呼びました。畑の中を通る砂の道で、この道の中ほどを小川が横切り、橋が架かっていたそうです。現在では、この小川は新栄町と十間坂の境となる道路となっています。「停車場道」が開通して百年余り経ちました。この周辺には、食料品・和菓子・そば・酒・履物・衣料・自転車・畳店など、永年にわたって店を引き継ぎ、商業と地域の発展を支える人々が暮らしています。  
「停車場通り」の呼び名は、明治31年(1898)東海道線茅ヶ崎停車場(茅ヶ崎駅)の開業後に付けられたもので、それまで繁華街であった茶屋町の旅館、料理屋など多くの商店が「停車場通り」に移転しました。これらの商店は、南湖院を訪ねる人や別荘客などにも利用され、にぎわいを増しました。昭和になって、地元の商店会が、地域振興のためこの通りを「茅ヶ崎銀座通り」と名付けました。昭和60年(1985)に「茅ヶ崎銀座通り」の愛称が「エメロード茅ヶ崎」と名を改められ、現在に至っています。
[ちがさき丸ごと博物館ガイドブック(文化財編)  ぶらり散歩 郷土再発見  文化資料館ブックレット1  あのみち このみち 歴史みち  ]
イメージ