ちがさき丸ごと博物館

ラチエン通り商店会

名称 ラチエン通り商店会 別名
所在地 東海岸南・菱沼海岸
概要 作家開高健氏が親しんだ道及び思い出、エピソードの多い商店

国道1号沿いの「TOTO」東側から国道134号まで、約2.14㎞の直線道路をラチエン道りといいます。この通りの名は、昭和7年(1932年)、現在の松が丘の一画に別荘を建てていたルドルフ・ラチエン(1881年~1947年)にちなんでいます。彼はドイツに生まれ、明治35年(1902年)に炭酸水販売会社の社員として来日、その後東京・青山の旧伊達家跡に「ラチエン商会」を開き、貿易業を営んでいました。ラチエンの別荘は、用地が15000坪ほど(約49500㎡)あり、そのうち約2000坪(約6600㎡)に住宅といくつかの家屋を建て、残りの土地は防風林や畑としました。親日家であったラチエンは、和食を好み、和服で過ごし、庭には大きな池をつくり、別荘前の通り(ラチエン通り)には120本の桜を植えました。そのようなことからこの道は「桜道」ともいわれ、当時は桜とともに垣根の野バラが見事だったといいます。そしてラチエンはこの別荘を終生の住居としましたが、没後は「TOTO」の社員寮などが建てられました。さて、ラチエン通りは江戸時代に茅ヶ崎村と小和田村の境が、この道の位置に引かれていたことから「郷境」とも呼ばれていました。江戸時代の初めのころ、両村は漁場をめぐって争っていましたが、寛文4年(1664年)に幕府評定所の裁定がなされ、菱沼村・長福寺の西方にあった手白塚から、海岸から約1.2㎞離れた姥島(烏帽子岩)を見通した線を郷境としました。道になったのは後世のことらしく、明治15年(1882年)の測量の地図にはまだ載っていません。昭和20年代までは「TOTO」の東側入口には郷境の塚があって、そこから烏帽子岩が見えたといいます。ラチエン通りがJRの線路と交差する踏切を「異人館踏切」と呼ぶのは、イギリス人ボールデンの屋敷が、現在のひばりが丘にあったからです。現在では、桜道の名の元となった桜も姿を消し、その名は若松町で交わる東西の道に変わり、バス停の名に名残をとどめています。また、ラチエン通りに沿う松が丘緑地は中泉別荘跡の一部です。国道134号の出口には、サザンオールスターズの曲に歌われた「パシフィックホテル」がありましたが、平成11年にマンションに建て替えられました。 (根C)
[百科事典テキストデーターよりコピー  (根C)]
イメージ