ちがさき丸ごと博物館

ザ・ワイルドワンズ

名称 ザ・ワイルドワンズ 別名
所在地
概要 加山雄三のバックバンドから独立。
1960年代から70年代にかけて、茅ヶ崎で音楽活動を行っていた加藤邦彦を中心にザ・ワイルド・ワンズが結成された。
ザ・ワイルドワンズ(The Wild Ones)、現加瀬邦彦とザ・ワイルドワンズは、日本のバンドで、かつてはグループ・サウンズの一つであった。加瀬邦彦がキャノンボール、ザ・スパイダース、寺内タケシとブルージーンズを経て平凡パンチに募集記事を載せ、メンバーを集め結成された。ザ・ワイルド・ワンズというグループ名の由来は慶應義塾大学の先輩で親交の深い加山雄三が星占いにより、『野生児』という意味を込め命名。
2009年、GS時代からの盟友である沢田研二を迎え入れ「ジュリー with ザ・ワイルドワンズ」としての活動を発表、オリコン1位獲得を目標に2010年2月10日に新曲「渚でシャララ」を発売した(実際にはオリコン24位)。又、発売に先駆けTBS系「ひるおび!」で2010年1月期エンディング曲として公開された。
代表作に、「思い出の渚」・さらばオーシャン(シングル) 加山雄三&ザ・ワイルドワンズ
60キャンドルズ 加山雄三 トリビュート・アルバム
星の旅人 加山雄三
オヤジ達の伝説(2008年9月)加山雄三&ザ・ワイルドワンズ
(根)[ウイキペデイア茅ケ崎ゆかりの有名人ホームページ  (根) ]
イメージ