ちがさき丸ごと博物館

大山道

名称 大山道 別名
所在地 藤沢市四ツ谷から小出川の大曲橋を渡り、寒川、一之宮、田村、伊勢原市の大山まで
概要 昔の面影を残す所が点在する。/当時の面影を残す所が点在する。
藤沢市の四ッ谷で国道1号(東海道)と分かれ、西に進んで本市のほぼ中央を東西に横切り、小出川の大曲橋を渡って寒川町に入った後、一之宮、田村(平塚市)を過ぎ、伊勢原市の大山に通じています。また、関東各地から大山を目指す道は数多くありますが、この道は田村を通ることから田村通り大山道と呼ばれています。四ッ谷の大山道の分岐点には、「是よ里 大山みち」と彫った道しるべや不動明王が腰掛けている道しるべ、てんぐの面が掛かった鳥居などがあって、いかにも大山への入口という雰囲気です。鎌倉時代に幕府の有力な御家人であった三浦義村は、自分の山荘を相模川の右岸に、梶原景時は舘(城)を左岸に構えていました。「いざ鎌倉」というときはこの道をはせ参じたことでしょう。そのころこの道は田村大道と呼ばれていました。また、3代将軍実朝亡き後、左大臣九条道家の子三寅が次期の将軍として迎えられることになったとき、この道を通って鎌倉入りしたと伝えられています。江戸時代になると、大山参りが盛んになりました。大山の男神だけのお参りは片参りで、女神のねたみを買うといわれ、江ノ島の弁財天にも参りました。大山参りは夏山が開かれる夏場が特ににぎわいました。この時期、大山参りの導者たちを相手にしたイベントが行われました。松林3丁目の二本松と呼ばれる所には代官町の千手院の閻魔様が、また、今の鶴が台団地北側にあった鷺茶屋には円蔵の輪光寺の地蔵様が出開帳しました。このほか、大山信仰を物語るものとして、赤羽根の西光寺に寛政10年(1798年)の大山燈籠が、小和田の熊野神社に不動、富士浅間、石尊大権現の神名を刻む石碑が、円蔵の了覚院には石尊大権現に33度参けいしたことを記念した石碑が、西久保の日吉神社には大山への道しるべが残っています。大山道は赤羽根の神明大神の参道前を通ります。ここに樹齢が数百年を経たと思われる大ケヤキがあり、道を挟んでその反対側には代々高田村の名主をつとめた水越家があります。大山道のこの部分の道幅は約3.6mあり、天保12年(1841年)にまとめられた『新編相模国風土記稿』にある「道幅約2間」に一致しています。ここは昔の大山道をしのぶことができる場所です。 (根)

[文化資料館ブックレット1  あのみち このみち 歴史みち (根)  ]
イメージ