ちがさき丸ごと博物館

水越家の長屋門

名称 水越家の長屋門 別名
所在地 高田
概要 神明神社の大ケヤキの前の長屋門のある家が水越家です。長屋門はもとはカヤぶきでした。この辺りから西は昔の大山道の面影が今も残っています。水越家は、江戸時代、このあたりの名主を務め、明治中期から昭和初期にかけて地方自治に貢献した水越良介の生家でもあります。良介は、藤沢の羽鳥にあった小笠原東陽の耕余塾に学んだ後、地元の小学校の教師になりました。明治15年(1882)21歳の時、赤羽根村ほか3か村(組合村)の戸長に推され、後に松林村長、高座郡会議員、神奈川県会議員を務め、大正9年(1920)に茅ヶ崎町長に就任しました。当時、学校改築に端を発し、町政が紛糾していましたが、この解決に努め町政を安定させました。また、「老桃」の号を持つ俳人としても知られ、同家から近い墓所の碑に「出来稲や 腹かかへゆく 村夫子」という句が刻まれています。 (根)[茅ヶ崎市史ブックレット⑥ 茅ヶ崎の歴史遺産 (根) ]
イメージ