ちがさき丸ごと博物館

芹沢ササラ盆唄

名称 芹沢ササラ盆唄 別名
所在地 芹沢
概要 芹沢地区には市内の他の所では消えてしまった伝統的な郷土芸能が今も伝えられています。ササラ盆踊りは、枯竹を割って作ったピンザサラと太鼓の音に合わせて、歌いながら踊ります。昭和30年代から、日本国中どこでもレコードに合わせて踊る盆踊りが一般的になって古来からの盆踊りが消えていきました。芹沢においてもそれは同じであり、ササラ盆踊りは保存会が伝えているだけで普段の盆踊りではおこなわれていません。
 ササラ盆踊りが普通だった頃は、大正末から昭和初期までのことです。八月盆13日夜から15日夜まで3日間行われ、谷戸毎に寺の庭や、道辻のちょっとした広場に、子供や年寄りも集まって踊りました。毎晩場所を替えることもあり、娘たちは赤い前掛けを掛けて踊りました。たまたま踊りの場が、隣谷戸や隣村と近いと、お互いに相手方の悪口を歌に織り込んで応酬したしました。
ササラの音色は単調で、なんとなく寂しさを誘うメロデイーです。(根 加筆)[茅ヶ崎市史現代7「地図集大地が語る歴史」]
イメージ