ちがさき丸ごと博物館

柳島港

名称 柳島港 別名
所在地 相模川と海の合流地点
概要  昔あった港で、年貢を運ぶルートだったらしい。エンコロ節もここから始まったという。浜見平団地のバス終点から西へ、排水路を渡って直進すると、旧小出川(改修により水路変更)の堤防上の道に出る。そこから北へ300メートル余りに柳島小学校が見える。その柳島小学校の東から、浜見平団地の南西隅の松尾川が暗きょになっているあたりが、その昔の柳島湊の河岸であったと推定される。小学校の南面一帯は港だったわけであるが、河岸の面影を留める何ものもない。
 柳島湊は、相模川の河口港で、明治15(1882)年の参謀本部陸軍部測量の地図をみると、河岸は、小出川と千の川(松尾川)の合流するところで、相模川の本流から外れた入江ようであり、地形的に患まれた良港だったことが分かる。いま、浜見平団地の東側を彎曲して下水路化して流れる松尾川は、千の川の下流の旧流の名残りで、柳島ポンプ場へ通じている。この川はかつて相当の川幅があり、港が荒れたときは、漁船などの待避に使われたという。
 大正12(1923)年9月の関東大震災のとき、河ロ付近一帯の地盤が隆起したため、港の場所が陸地となり、川筋も変化、港が姿を消し、様相が全く一変してしまった。その後の河川改修、耕地整理から、いま、都市化のシンボルのように建ち並ぶ高層の住宅団地、周辺に進む宅地化の現況の中で、かつての港の存在を想起することは至難で、港の思い出を語れる土地の古老たちの数も少なくなっている。
 柳島湊が、港として機能しはじめたのは、いつのころかはっきりしないが、江戸時代初期には回船6艘があったといわれるから、家康の関東入国のころからであろうか。この港は、相模川対岸の須賀港とともに、江戸時代における相模平野の物資の集散地、舟運の基地で、新編相模国風土記稿』に「近村の米穀皆この港より出船す。四百石積の船三艘、小船四艘をかけ置き、運漕に便ず」とあって、相模川上流へは高瀬船が就航し、津久井地方産出の薪炭・材木などが運び込まれ、東は江戸・浦賀、西は伊豆・駿河へと船積されて出て行った。四百石積の帆船には、観音丸・不動丸・金剛丸・福徳丸・万吉丸等があった。(う)

[ふるさとの散歩道・茅ヶ崎郷土会(昭和58年6月)]
イメージ