ちがさき丸ごと博物館

筏間跡

名称 筏間跡 別名 古池
所在地 今宿
概要 相模川の川筋の変遷/産業道路の交差点を南側に行くと、今宿と中島の境に「中島児童遊園地」があります。この辺りが筏間跡です。『新編相模風土記稿』今宿村の項に「古相模川、一名筏川といふ」とあります。相模川上流の津久井方面で切り出された木材が、筏に組まれてここまで運ばれたものをとめておいたので「いかだま」と呼ばれたといわれています。この川筋は、今日、信隆寺の西側に小川になって名残をとどめています。
東海道と産業道路とが交差している南西の付近は、昭和の初め頃までは湿地が一帯に続く荒地で、それは東海道線の築提へと続いていた。ここを筏間あるいは古池などと呼んでいたが、筏間は筏溜りを意味し、古池は筏溜りとして役立たなくなった荒涼としたさまから呼ばれたものであろう。これらは古相模川の河道であって、東海道の往来にも寂しい場所の一つであった。下町屋の旧相模川橋脚の地とも間近かな場所でもある。  (根)

江戸時代相模川が柳島の河岸(今の海岸)に流れていた頃、河口は幾つにも分かれ、この付近は古相模川の河跡湖があり、ここに小倉山から流して来た幕府の用材を一時止め置いたと云う。柳島には回船問屋があった。古池とも云われた。*湘南村に小倉山があった。(原)

[ちがさき丸ごと博物館ガイドブック(文化財編)  ぶらり散歩 郷土再発見  (根) 茅ヶ崎市史ブックレット② ちがさき歴史の散歩道 (根) 茅ヶ崎の地名 樋田豊宏編集(原) ]
イメージ