ちがさき丸ごと博物館

相模川左岸用水

名称 相模川左岸用水 別名
所在地 市内全域
概要 相模川左岸用水は、その名の通り相模川左岸の相模原市新磯から下流域の座間・海老名市・寒川町・藤沢市・茅ケ崎市に及ぶ大規模農業用水路である。この流域は穀倉地帯だが、水源が鳩川、目久尻川のみで用水路もなく、かっては腰までつかるほどの湿田状態の一方で干ばつ時には田にひびが入り、鎌を持った農民同士の水争いも絶えなかった。
このような状況を改善するために1931年(昭和6年)から相模川左岸用水路の建設が開始された。9年をかけて磯部から茅ヶ崎に至る総延長20.26kmにも及ぶ用水幹線と、幹線に接続して水田を灌漑・排水する水路が1940年までに完成した。用排水路整備によって、1900町歩の水田が改良されたが、水路1本では全流域に用水を供給できず次第に流れが悪くなったため、茅ヶ崎市域をはじめ下流域ではなお水不足に悩まされた。そのため、1959年から幹線用水路の改修と、相模川左岸補助用水路の建設が開始された。事業は66年に完成し、幹線用水路の幅は4mに拡張され、コンクリート製の補助用水路とあいまって流域全体の耕地が改良された。この結果、流域の湿田は改良されたが、一方で宅地化が進み、茅ヶ崎では柳島・松尾地区の水田が浜見平団地、十間坂地区の水田が電源開発株式会社倉庫の建設用地となるなど次第に流域の水田・畑は減少した。
すでに31年の事業開始から80年が経過し、宅地化による流域風景の変化が著しいが、なお相模川左岸用水は現役で使用されている。水量豊かに滔々(とうとう)と流れる姿は、神奈川県下では貴重なものであり次世代に伝えてゆきたい景観である。[茅ケ崎市史ブックレット⑥ 茅ヶ崎の歴史遺産  (根)]
イメージ