ちがさき丸ごと博物館

庚申講

名称 庚申講 別名
所在地 市内各地
概要 長谷の、かっての村はずれのところに庚申様が祀られているが、六、七軒ほどで毎月一回の庚申講がもたれていた。
しかし戦後まもなくやめてしまったが、庚申のオヒョウだけは、地神講のオヒョウと一緒にまわっている。[茅ケ崎市史③ 民俗編 第四章集落社会の民俗   (根)]
イメージ