ちがさき丸ごと博物館

白峰寺と松平家の墓

名称 白峰寺と松平家の墓 別名
所在地 下寺尾1551
概要 本堂横の参道を緩やかに上りきった正面右に開基墓所に15基ほど。ここは旗本2500石の深溝松平家墓所。奥1列に並ぶのが当主達の墓碑で笠塔婆型4基、宝篋印塔・自然石・逆Uの字型が各1基づつ、朝散大夫が二人いる。
右から2番目の笠塔婆型の「清浄院殿前日州従五位下顯誉良祐大居士」は大坂町奉行や書院番頭を務めた6代の日向守勘敬(スケトキ)と、宝篋印塔は「月照院殿前布護者白峰道皓大居士」は3代隼人正重継と云い目付・大坂町奉行を歴任。自然石の墓碑は勘定頭を務め3000を知行した4代美濃守重良で「鏡智院殿大誉円忠居士」、他に5代重矩・7代常唯・8代常尹・9代勘満・10代勘友・11代祖英・12代勘義まである。 (根)
[インターネットAmeba (根)]
イメージ