ちがさき丸ごと博物館

ハマボウフウ

名称 ハマボウフウ 別名
所在地 海岸
概要 ハマボウフウは双子葉植物でセリ科の多年草、日本全土の砂地に自生し、県下では三浦半島と湘南海岸に見受けられます。葉は厚く光沢があり、二回三出羽状複葉で、まわりに細かい鋸歯があります。六月から七月にかけ、茎の先に小さい白色の五弁花を蜜に開き、高さは五から一五㌢。根は極めて長く、砂中に真っすぐに深くのびて水分を吸収します。また、地上部の背たけが短く、砂に葉を広げているのは、強い風を受けるために適応した姿なのでしょう。若葉は刺身のつまに利用されています。今はハマボウフウも栽培され、容易に買い求められますが、野生のものは葉も厚くてかたいものの、食べたとき、その香気と辛みに野趣が味わえます。また、つまやサラダの生食には、半ば砂に埋まり真っすぐにのびた、若くてやわらかい葉を摘んで食べます。衣をつけずに素揚げにすると、緑色の葉と紅い茎の色が美しく、塩味で食べればお酒のつまみに喜ばれます。野の幸、すべてに言えることですが、その時に必要な分量だけを摘み採り、新鮮なうちに調理すると最高の味が楽しめるでしょう。
浜防風は茅ヶ崎海岸の砂地にへばりつくように自生する。茅ヶ崎柳島から辻堂の境まであるが
何せ砂浜、今日見ても、明日はないことがある。葉は、砂浜の植物で一番つやがあり、柔らかく香りが高い。花は白く、半球状に密生し、高さは15センチ。黄色の根は地下深く、真っ直ぐに100センチくらい伸びている。名前の由来は、根が深くはびこり、浜辺の砂が飛ぶのを防ぐことから、名付けられた。 (根)[百科事典用テキストデーターコピー (根)]
イメージ