ちがさき丸ごと博物館

女護が石

名称 女護が石 別名
所在地 浜之郷462
概要 茅ヶ崎の伝説・昔話
昔から、女性の守護神として信仰の対象になった石。
「一念は岩をもとおす」 たとえのように、この石を手でこすりながら、願いことを念じました。病気になれば、病める部分を、傷つけば傷の部分を、心に悩みあれば、むねを・・・ 。
石とからだを、こうごに何十ぺん、何百回と手をあてていのりつづけました。そのくぼみもあざやかに、今も引き継がれています。[茅ケ崎の昔話(改訂版)・高橋昭和著    (根) ]
イメージ