ちがさき丸ごと博物館

えな塚物語

名称 えな塚物語 別名 えな塚
所在地 西久保
概要 西久保の妙運寺の西、新湘南バイパスを超えた水田そばの一画は「えな塚」と呼ばれています。「懐嶋山」の碑があり、次のような碑文があります。「丹後局は源頼朝の子を身籠りましたが、頼朝は正室政子の嫉妬を恐れ、局の兄の比企能員に命じて、局を円蔵の懐島景義の館に隠しました。その後、局は桜屋敷(西久保)に移って男の子を出産しました。男の子は後に忠久と名乗り、鹿児島を治めた島津氏の祖となりました。局の出産のときのえな(胞衣)を埋めたえな塚には松が植えられ、その古株が今も地中にあります。」不思議な事に、同じような伝説がほかの地にもあります。例えば、横浜市戸塚の上矢部の丹後山の言い伝えや薩摩(鹿児島県)の伝承らがありますが、どのようなことから局と頼朝との伝説が生じたのか分かりませんが、局の病気の時、ひそかに頼朝が見舞ったことや、比企氏一族と北条氏一族との争いなどがその下地となっていると考えられています。[茅ヶ崎ゆかりの人物誌   郷土史学習グループ 一樹会   (根)]
イメージ