ちがさき丸ごと博物館

花女郎道(頭なしの森)

名称 花女郎道(頭なしの森) 別名
所在地 今宿
概要 今宿より寒川村田端に至る県道に沿いて今宿の鎮守、松尾神社あり。昔時境内大樹多、うっそうとし昼なお暗く行人まれにして寂しき所ありき。人絶え、街道さびしきたそがれに籠をかつぎ、その後より十数人かなたより来たりこの所を通り過ぎたり。この一隊は婚儀の送迎の道すがらであった。のち籠をおろし、縁女はと見れば驚くなかれ死せる体にしてしかも頭なく、悲嘆のほかはなかった。時過ぎ考うれば必ずかの森でさらわれたるに相違ないと思惟し、恐ろしさにおびやかされていた。それ以降婚儀の送迎は勿論、行人といえども回り道することとなった。故にこの道を花女郎道と名づけ、かの森を頭無しの森と称するに至れり。[茅ケ崎市史③ 民俗編 第七章伝説と俗信   (根)]
イメージ