ちがさき丸ごと博物館

じゃこう猫と香川の地名

名称 じゃこう猫と香川の地名 別名
所在地 香川
概要 茅ヶ崎の伝説・昔話
香川に中尾というところがある。ここに中尾長者が住んでいた。この長者は釣りが好きでよく間門まで釣に出かけたということだが、「ナットバコ」という池があるんだよ。今でも窪地になっていて、茅が生えてるが、そこから水が湧き出てずっと小出川まで流れているわけですけどね。長者はジャコウネコを飼っててねえ、その猫が池へよく遊びに来るんだね。その水を飲むものだから、そのジャコウのにおいがした水が、間門までずっと流れていくんだね。それでここが香川という名が付いたといわれてんだね。昔は香河と書いたんだが、香の川にかわったのは、こういうことからだという話だねえ。[茅ヶ崎市史③ 考古・民俗編  (根) ]
イメージ