ちがさき丸ごと博物館

頼朝シジミ

名称 頼朝シジミ 別名
所在地
概要 茅ヶ崎の伝説・昔話
相模川の架橋を稲毛三郎重成が思い立ち、建久9年12月2日、頼朝が盛んな橋供養を行ったが、その後で、頼朝を乗せた馬が何に驚いたのか、急に荒れ狂って人々の呼び叫ぶ声もそのまま馬入川に飛び込んだ。漸く川中にいって止まったが、馬が暴れたことにびっくりした川底のしじみが、川から引きあげられた馬上の頼朝の衣裳に食いついていた。[茅ヶ崎市史③ 考古・民俗編  (根) ]
イメージ