ちがさき丸ごと博物館

十五日粥

名称 十五日粥 別名
所在地
概要 1月15日の朝はアズキやササゲ豆を入れて粥を作る。これを、粥箸でかきまわした後、家中で食べた。粥は十八日までとっておき、十八粥(じゅうはちがゆ)といって食う。病気にならぬとか蜂にさされぬとかいう。 (根)[茅ヶ崎市史③ 民俗編 第六章 年中行事より (根) ]
イメージ