ちがさき丸ごと博物館

節分

名称 節分 別名
所在地
概要 立春(りっしゅん)の前日をいう。二月初旬にくる。豆まきをする。煎った豆を枡に入れて神棚に供えてから、まず神棚にまき、各部屋・仏壇・家の中の神々、外に出て、井戸・物置や蔵・便所・屋敷神などにまく。それから氏神(鎮守)や道祖神へまきにいく。豆は年の分だけ食うとか、とっておいて初雷のとき食ったりする。
 またこの日、青年たちが大山(おおやま)参りをした。豆を阿夫利(あふり)神社に供えてくるのである。道々、途中の村の子供が出ていて、豆をせがんだ。大山の豆腐は、節分に集まった豆で作るのだなどという。
 夜にはイワシの頭を柊(ひいらぎ)の枝にさしてイロリであぶる。「クサイクサイヤッカガシ」などいいながらあぶる。魔除けとしてトンボグチにさしておいた。この夜も年越しといい、ソバを食べる。
当市の円蔵寺では星祭りが行われた。
[茅ヶ崎市史③ 民俗編 第六章 年中行事より ]
イメージ