ちがさき丸ごと博物館

月見

名称 月見 別名 十五夜
所在地
概要 旧暦の八月十五日と九月十三日。片見月は良くないといい、八月をやったら、九月も必ず行う。十五夜には十五個の団子、十三夜は十三個の団子を供える。他に豆腐一丁・サトイモ・サツマイモ・カキ・クリ・ススキ・オミナエシを、台を出して、カヤを敷いて供えた。家によっては茶飯を作ったり、呉汁(ごじる)を作ったりする。供え物にはカヤの箸を添える。あとでこれは安産のお守りになった。柳島では、月の満ち欠けと潮の干満は関係があって、お月さんをおがんでおくと安産できるという。
この夜の供え物を子供や若い衆が、長い竿でとって回った。
[茅ヶ崎市史③ 民俗編 第六章 年中行事より (根) ]
イメージ