ちがさき丸ごと博物館

おこと始め・師走八日

名称 おこと始め・師走八日 別名
所在地
概要 ヨーカゾー・オコトハジメともいう。目一つ小僧がくるから目籠やソバスクイを高いところにつるす。夜、履物を外に出しっぱなしにすると目一つ小僧が焼印を押していくという。赤いご飯(アズキ飯)にケンチン汁がこの日の料理だった。オコトジルという。
 柳島では子供たちが何人かで、藁で1~1.5mの棒をつくり、村の中の家々の庭を叩いて回る。「アーケーメシデヨーカッタ ト-フノオツケデウマカッタ」がそのときの唱えごとである。モグラを打つためだという。この行事は他の村では聞かない。
また二月八日と同じく針供養として、浜之郷の鶴嶺八幡宮の淡島様に古い針を納めた。 (根)
[茅ヶ崎市史③ 民俗編 第六章 年中行事より (根) ]
イメージ